窃盗犯や空き巣犯の具体的なピッキング手口を知りたい人必見!

ピッキング・サムターン回し!住居侵入の手口

空き巣や窃盗犯の住居侵入の手口を解説します。ピッキングや破錠、サムターン回しなど多岐にわたることに注目です。

ピッキングの手口

 

鍵を紛失して家や車を開けられなくなってしまった場合は、鍵屋さんのピッキングのお世話になりますが、ピッキングを使って空き巣に入ったり、車上荒らしなどを試みる悪い人間がいることも確かです。

 

まず基本的なピッキングの手口をおさらいしましょう。

 

善悪に関わらずピッキングというのは、錠前を通常の鍵で開錠するのではない方法で開錠することです。ピックとテンションなどの特殊用具を使って、錠前のシリンダーを回転させてロックを解除して侵入します。

 

このシリンダーの形状には、さまざまなものがあり基本的なピンシリンダーやディスクシリンダーなどは普及している一般的な鍵ですが、ただ安価で構造が簡単なため比較的に侵入されやすいといわれています。

 

ピッキングが犯罪の手口となりやすいのは、周囲にほとんど物音が伝わらないということです。
これが電動ドリルや電動カッターなどで破錠するとなると、周囲に轟音が伝わります。

 

しかしピッキング行為に関しては比較的周囲に物音が伝わらず、姿さえみられなければ発覚する可能性が低いのが特徴です。

 

よく塀の高い豪邸は空き巣犯にとって仕事がしやすいと言われるのはそのためです。
周囲に及ぼす影響が視覚的にも音響的にもほとんどなくなるからです。

 

 

 

時間

 

時計

またピッキング犯について時間帯や作業時間というのは重要な要素になってきます。

 

ピッキング犯が狙っているのは、少しの間家を空ける午前中が多いといわれています。午前中は市民にとっては思いのほか安心感があります。むしろ人間は夜、警戒を強めるものです。

 

しかし午前中というのは、スーパーの早朝売り出しに出かけたり、夫や子供を駅や学校まで車で送り届けるなど短時間の間、家を空けるということが意外に多いです。

 

そしてその時間帯をピッキング犯が狙うといった構図です。
中には油断して施錠をしないというケースも少なくありません。
また玄関は施錠してあるけれど、裏口の窓は鍵をかけていないなどわずかな隙をついてきます。

 

 

 

サムターン回し

 

サムターン回し

ピッキングは錠前のシリンダーの中に働きかけてロックを解除する行為ですが、家から出るときに鍵をはずすサムターンを外側から回すことで鍵を解除する「サムターン回し」行為も存在します。

 

例えばドアの小さな隙間や郵便受けの中から長い針金状の器具を使って器用にサムターンを解除する技術もあります。

 

侵入犯は一人とは限らず、外国人窃盗集団が存在するなども、まことしやかにささやかれています。
たしかに車に焦点を当てて考えると海外でのバイクや商用利用のライトバンなどの需要が大きく、盗難車が多いことも事実です。