マンションにどれほどのセキュリティが施されていようと、施錠は防犯の基本です。

被害が多いマンションの防犯対策について

都会のマンションは住人同士のコミュニティが希薄なので、窃盗犯が紛れ込んでも一目で判断できないため、窃盗犯は犯行がしやすいのです。マンションはどんな防犯対策が必要なのでしょうか?

マンションの防犯対策

 

マンション

 

マンションなどの集合住宅は一般の戸建て住宅に次いで、窃盗・侵入の被害が多いケースです。

 

都会のマンションは誰もが顔見知りという風習がなく、また高層のマンションになればなるほど収容人数が増え、窃盗犯が紛れ込んでも一目で判断できないという特徴があります。

 

それは窃盗犯にとっての最大のメリットとなり、住人同士のコミュニティが希薄なことで犯行をしやすくなってしまうのです。

 

特にオートロックなどのセキュリティシステムが導入されているマンションだからと言って油断はできません。

 

オートロックがあることや高層階に住んでいることでかえって住人の防犯意識が低くなり、施錠しないまま外出することが多くなります。

 

マンションの防犯対策にはどういうことが必要なのかを考えていきましょう。

 

マンションの侵入経路としてもっとも多いのが無施錠といわれています。
オートロックマンションに住むことでかえって油断して自室の鍵を掛けないことは自殺行為です。

 

玄関に施したい防犯対策グッズ

 

マンションにどのようなセキュリティが施されていようと施錠をすることは防犯の基本です。

 

特に玄関だけでなく窓をしっかりと閉めておくことが大切です。
マンションはベランダを伝って移動することで複数の部屋を荒らすことができるためです。

 

特にマンションには1人暮らしの女性も多いため、窃盗目的でなく強姦・レイプの目的で犯罪者が侵入してくるケースもあります。

 

マンション管理者やオーナーに促したい防犯対策として監視カメラや人感センサーなどの設備を設置することで犯罪者を寄せ付けないことに繋がります。

 

エントランスやエレベーターなどにこういった防犯設備を設置することで効果が高まります。

 

またマンションの住人同士で挨拶を心がけることも防犯対策の1つです。

 

マンションやその近所で誰かとすれ違ったら挨拶をするということを心がければ、窃盗犯にとってこの上ないプレッシャーになります。

 

犯罪者は顔を見られることを嫌うため、常に認知しているという働きかけをしたいものです。