空き巣被害による窓ガラスやドアの破損など、保険の内容によっては現金の保証もしてくれます。

空き巣に入られた場合や鍵を壊された場合に家財保険は有効?

空き巣被害は家財保険でカバーすることが可能です。窓ガラスやフローリングの破損、現金の盗難まで幅広い保証が存在します。万が一の被害に備えて家財保険を見直しておきましょう。

空き巣被害や鍵破壊は家財保険でカバー可能?

 

鍵の紛失や盗難、そうした被害は誰に身にも起こり得ることです。
同様に空き巣被害も決して対岸の火事ではありません。
空き巣から家を守るために防犯対策を怠らないようにしましょう。
それでも完璧というには不十分な現実に対して、火災保険に加入するのが大事になります。

 

火災保険の中には家財保険も含まれており、空き巣被害にあった際の被害額を補償してくれます。
鍵の破壊や空き巣被害に備えて家財保険の見直しを行うのも良いでしょう。

 

 

万が一に備えての家財保険

 

火災保険の中には家財保険が付いているものがあります。
これに加入していると、万が一空き巣被害にあっても家財の損害を補償してくれるのです。
窓ガラスを割られてしまったり、フローリングが傷付いたりした際に修理費用を出してくれます。
被害内容や金額によって変わりますが、費用の一部を負担してくれるのは間違いありません。

 

意外にも手広くサポートしてくれるのが火災保険なのです。
鍵のトラブルはもちろん、家財道具の保険としても有効活用してみてはいかがでしょうか?

 

火災保険に加入したつもりが無くても、賃貸契約した時に加入している場合が多いです。
ただし、すべての火災保険がこうしたサービスを行っている訳ではありません。
オプション利用の追加料金を支払っていないとダメなケースもあるので、火災保険の内容を確認してみてください。
いざという時に困らないためにも、火災保険に加入するのは大切なのです。

 

 

 

現金盗難も家財保険でカバー

 

空き巣被害の場合、自宅にもたらされるダメージは計り知れません。
窓ガラスにドアの破損、現金の盗難など様々なケースが考えられます。
家財保険の内容によっては現金の保証もしてくれます。

 

ただし上限が決められているのが一般的なので、20万、あるいは50万程度の被害までしか保証されません。
大金を自宅に保管している人は家財保険に内容を精査してみてください。
逆に、空き巣被害でも保証されないものがあるので、それが何なのかも把握しておきましょう。

 

このように、火災保険には万が一に備えるためのサービスがあります。
マンションの賃貸をしていると、フローリングの修繕費などを要求される事態にもなりかねません。
鍵交換の費用などが自己負担になれば、空き巣被害とあわせて踏んだり蹴ったりになります。
苦しい状況をさらに悪化させないように火災保険、そして家財保険の充実を考えましょう。