原則、盗難であれば被害の全額が保証されますが、自動車保険の内容によって保証範囲が変わります。

自動車の盗難被害で受けられる保証の範囲とは?

自動車盗難の被害は自動車保険でカバーしてくれます。ただし、みのまわり品特約などの保険に加入していないと車内の貴重品は実費です。ちなみに、盗難時以外に自動車の鍵を交換する場合も実費になります。

自動車盗難と保険による保証範囲

 

盗難の恐れがある自転車

 

大切なものには鍵を掛ける習慣が重要になっています。
自動車の鍵もその1つでしょう。

 

自宅の鍵が紛失や盗難にあった際の対処方法は、比較的分かっている人が多いです。

 

しかし、自動車の鍵を紛失したり盗難されたりした場合の対処方法はどうすれば良いのでしょうか?
他にも、自動車盗難や保険による保証範囲も解説したいと思います。

 

 

自動車盗難保険の保証範囲

 

移動の要となる自動車が盗まれてしまう事件が全国で発生しています。
もし、そんな状況になった場合、被害はどの程度保証されるのでしょうか。
自動車の保険の保証について説明します。

 

原則、盗難であれば被害の全額が保証されるので安心して良いです。
ただし、通常よりも少し高い自動車保険に加入しておく必要があります。自動車保険の内容によって保証範囲が変わるので、こればかりは自分自身で確認するしかありません。

 

そして、次のことも頭に入れて置かなければなりません。自動車保険とは自動車そのものを守る保険なので、車内にあった貴重品は補填対象にはならないのです。車内に貴重品を置いている人は、身のまわり品特約という保険に加入しておくと良いでしょう。

 

 

 

自動車の鍵が紛失や盗難にあった場合

 

まず、自動車の鍵を無くしたらロードサービスや鍵の専門業者に連絡しましょう
鍵の性能にもよりますが、1~3万円ほどで開錠に対応してくれます。
盗難の場合は警察に連絡しつつ、やはりロードサービスなどに依頼するのが良いです。

 

ちなみに、車内に鍵を残したままオートロックが掛かるインロックになるケースも多いです。
この場合、鍵が車内に残っているのが分かっているため、無理やり鍵をこじ開けようとする人がいます。ですが、自動車を傷付けるだけなので基本的におすすめはしません

 

さて、気になる鍵の開錠や交換費用ですが、これらは自動車保険による保証範囲になるのでしょうか答えはNOで、紛失の場合の鍵交換費用は実費になるのがほとんどです。
盗難の場合は補償されることもありますが、これは自動車保険の内容によります。

 

 

 

自動車の盗難は平成27年に年間2万件近く発生しています。
これだけの件数が発生している以上、決して被害に合わないとは断言出来ません。
自動車盗難に備えて保険に加入しておくと良いです。

 

また、鍵の紛失や盗難時にどこへ連絡するべきかも事前に調べておくと安心出来ます。
問題が起こる前に対策をしておくだけで、驚くほど冷静に行動することが可能です。