防犯対策の1つとして、あえて植木鉢の下にダミーの鍵を隠してみるのもおススメです。

鍵を玄関周辺に隠しておくことが危険すぎる理由

自宅の鍵を紛失したり置き忘れたりしてしまうと、家に入れず途方に暮れてしまいます。そうした万が一に備えて玄関近くに鍵を隠す人は多いですが、プロの空き巣にはバレバレです。植木鉢やポストの中はご法度で、基本的に玄関近くには隠さないようにしましょう。

玄関に鍵を隠すのは御法度!

 

鍵を隠してある玄関

 

自宅の鍵を無くして家に入れなくなってしまった、そんな経験を持つ人も居るでしょう。
唯一無二の鍵が無くなれば非常に困りますし、鍵屋や管理人を呼ばなければ問題が解決しません。
無駄な時間を過ごした上に鍵の代金まで取られる、まさに踏んだり蹴ったりの状況です。

 

こうした問題の解決方法の1つに、合鍵を自宅の玄関近くに隠しておくことがあります。
玄関の近くに鍵を隠しておけば、万が一に鍵を紛失しても安心出来ます。

 

すべての問題が解決したような気になりますが、玄関近くに鍵を隠すのは極めて危険なのです。
はっきりと断言しますが、プロの空き巣と呼ばれる常習犯には鍵の隠し場所が一瞬で特定されます

 

防犯上、玄関の近くに鍵を隠すのはご法度なのを紹介します。

 

 

一般人が良く隠す場所

 

常習的に空き巣を行っている人は、玄関の近くに隠してある鍵をあっと言う間に見つけ出します。
そもそも一般人が鍵を隠す場所は似たり寄ったりで、ある意味見つけやすい状態になっているのです。

 

 

 

最も多いのが玄関近くの植木鉢の下に隠す方法です。

 

少し地方に行くと未だにこの隠し場所を利用する人が居るので、防犯的にはかなり危ない状態です。
子供の頃に植木鉢の下から鍵を取り出す友達を見たことがある人も居るでしょう。
電子ロックが流通し始めた今、田舎の方が植木鉢の下に隠す傾向が強いです。

 

 

 

次に多いのがポストの中です。

 

一戸建てでもマンションでもそうですが、ポストの中に鍵を隠すのは安易としか言えません。
空き巣が真っ先に中を調べる場所なので絶対に隠してはいけない場所です。

 

 

 

その他の隠し場所としては、犬小屋の近く玄関マットの下などが挙げられます。

 

いずれにしても利便性を考えると玄関の周辺に隠したくなるのが人情です。
しかし、空き巣はそうした油断に付け込んで来るのです。
玄関の近くに鍵を隠すのは絶対にダメなのです。

 

 

 

あえてダミーの鍵を隠してみる

 

合鍵を玄関近くに隠さないと言われても、紛失したり置き忘れたりするケースは普通にあります。
そうした時に自宅へ入れなくなるのは誰もが避けたいでしょう。

 

そこでおすすめしたい防犯対策の1つが、あえてダミーの鍵を隠してみることです。

 

植木鉢の下に5本ぐらい鍵を置いておくと空き巣は混乱するでしょう。
鍵が数十本付いた束を隠しておくのも効果的です。

 

とは言え、空き巣に入られるリスクは残ったままです。
なるべくなら鍵を玄関近くに隠さず、安全な場所に保管するようにしましょう。
玄関近くに鍵を隠すのはご法度です。